山形県お一人様の旅

出身地が山形ですので、山形県お一人様の旅をプランするなら、こうなります。

まずは東京駅から新幹線で、山形新幹線の終点新庄駅に行きます。
そこからレンタカーを借りて、戸沢村の最上川船下りに乗船します。
ここは紅葉の時期になりますと最上川渓谷が紅葉で大変きれいです。

次に行くのが、羽黒山です。
出羽三山の一つであり、山伏が修行する所ですので、非常に神秘的な風景が漂います。
特に国宝に指定されている五重塔は大変きれいです。

その羽黒山の隣あるのが庄内映画村で、時代劇のオープンロケセットがそのままなっており、現にここで撮られた映画はたくさんあります。

そして宿泊するのは、鶴岡市の湯の浜温泉です。
ここからの日本海に沈む夕日は大変きれいです。

二日目は、クラゲの展示が多い加茂水族館、または鶴岡市内散策もよいでしょう。
鶴岡市と言えば、藤沢周平さんの出身地ですので、その記念館もありますので藤沢作品が好きな人はぜひ、記念館に行ってみましょう。

市内散策の後は車を酒田市方面に走らせて、山居倉庫を見学し、日本海の海産物で昼食をとりましょう。
酒田市も古い建物が多いですので、時間があれば、ここでも市内散策を。

帰りはレンタカーを酒田駅で返却し、酒田駅から羽越線で新潟駅、新潟駅から新幹線で東京へ。

こんな旅行プランですね。
ちなみ山形は、全市町村に温泉があり、銭湯並みの料金で入ることが出来て、早朝から営業しています。

山形デスティネーションキャンペーンも始まるので、山形への旅行は今ですね。